知的財産権

このようなお悩みはございませんか?

  • 自社の特許、商標、ノウハウなどの知的財産を、他者に無断で使用された
  • インターネット上で自分の作品を真似た作品をアップされた
  • 知的財産権を侵害しているという警告や、そのことを理由とする損害賠償請求を求められた
  • 既存製品と似たマークが入った品を販売したい
  • 他者が持っている知的財産権の使用許諾料の支払いや、ライセンス契約の解釈に関してトラブルになった
  • 仕入先や納入先に、技術やデザインに関する権利やノウハウを、納得できる見返りなしに取り上げられた

個人の知的財産権

インターネットやSNSの発達した現代では、誰もが簡単に情報を発信することが可能になりました。今や、インターネットには、写真・イラスト・動画・記事・音楽など数多くの著作物がコンテンツとして公開されています。しかし、このようなインターネットへの気軽なアクセスにより、知的財産が脅かされたり、逆に脅かしているという予期せぬ風評被害が生じることもあります。

例えば、写真でも、特にプロの写真家が撮影したものは財産的価値が高く、著作権侵害があった場合、放置しておくことは出来ません。著作権者は、サイトの運営者に対し、コンテンツの削除、場合によっては損害賠償を求めることができます。 反対に、自身が著作権侵害をしてしまった場合や、侵害しているという風評被害があった場合、放置してしまうと、あらぬ誤解を招くおそれがあります。個人としての信頼を失うことに繋がりかねないため、迅速な対応が必要です。

当事務所は、知的財産分野について熟知しておりますので、トラブルを未然に防ぐこと、またトラブルを大事にせずに解決するためのご提案をいたします。 また、隣接する弁理士事務所とも協力して対応を行いますので、より適切な対応が可能です。なにか不安なことやトラブルがございましたら、ぜひご相談ください。

法人の知的財産権

企業にとって、知的財産権は事業の根幹をなすものです。自社の特許、商標、ノウハウなどの知的財産の侵害は、企業に大きなダメージを与え得るため、知的財産権の正しい管理と運用は重要度を増しています。

当事務所は、特許権や商標権、著作権、不正競争防止法といった知的財産分野に熟知しており、その侵害に関わる交渉や訴訟について、多くの経験を積んでまいりました。また、弁理士事務所とも懇意にしておりますので、インターネットなどでの知的財産分野の問題につきましてはより適切なご対応が可能です。

図らずも第三者から知的財産権の侵害にかかる警告を受けた、第三者に知的財産権を侵害されてしまったなどの紛争がありましたら、お早めにご相談ください。紛争が起きてからだけでなく、紛争の未然防止のためのサポートも可能です。いかに知的財産権の権利化を図るかについて、取引契約書の作成や、戦略的なアドバイスの提供など、さまざまな法的サービスを行います。

最近では、保有する知的財産権を有効的に活用するべく、ライセンスする、逆にライセンスを受けることも増えており、これらライセンス契約に関してもサポートいたします。

知的財産に関するお悩みがありましたら、まずは一度ご相談ください。

安心してご依頼いただくために

1 初回相談60分無料

法律事務所への相談を迷われる理由のひとつに、高額な弁護士費用のイメージがあるかと思います。そのため、まず最初に十分なお時間を頂戴してご相談内容を伺えるよう、当事務所では初回相談を60分間無料で承っております。

多くの場合、抱えている不安なお気持ちを弁護士に相談することで、解決への道筋が見えてきます。「弁護士に依頼するか迷っている」「一度相談してから依頼するか決めたい」…などの場合は、ぜひ、初回無料相談をご活用ください。

2 土日祝、夜間相談にも対応

当事務所では、ご事情を十分にお伺いし、またその内容を元に適切なアドバイスをするため、面談によってのみ法律相談を行っております。

初回相談の面談予約は、お電話またはお問い合わせフォームより受け付けております。事前のご予約で、土日祝日、夜間も20時まで(応相談で22時まで)ご相談が可能ですので、ご希望の日時をお問い合わせください。

3 明確な費用体系

弁護士費用等について明確に示すことで、費用面でも安心してご依頼いただけるよう努めております。詳しい費用は、「弁護士費用」のページをご参照ください。

なお、着手金・報酬金については、旧日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、依頼者様の経済状況に合わせて相談に応じております。初回相談の際に、費用についても丁寧にご説明いたしますので、安心してご相談にお越しください。